文字列を数値に変換する Excel 2013 基本技 46回 

文字列を数値に変える3つの技 

インターネットや、他のアプリからデータをインポートした場合、本来は数値のはずが、左上に小さな緑色の三角形が表示され、文字列扱いとなることがあります。 こういう時ってほんとうに、がっかりしますよね。
でも心配ご無用、すぐに文字列に治せます。
1.エラー チェック機能を利用する方法
2.区切り位置を利用する方法
3.形式を選択して貼り付けの乗算を使う方法
(操作は、Excel 2007,2010,2013 共通です。)

1.エラー チェック機能を利用する方法

文字列データの範囲を選択します。
文字列を数値に変える
セルの範囲の横に表示されているエラー ボタンをクリックします。
メニューにある、数値に変換する をクリックします。
文字列を数値に変える

区切り位置を利用する

数値なのに文字列として認識されたデータがA列に入力されています。
文字列を含む 1 列のセルを選択します。
文字列を数値に変える
[データ]タブの [区切り位置] をクリックします。
文字列を数値に変える
区切り位置指定ウィザード1/3が表示されます。
ここでは、元のデータ形式で、 [カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ] に、チェックが入っていることを確認し、[次へ] をクリックします。
文字列を数値に変える技
スポンサーリンク
スポンサーリンク
区切り位置指定ウィザード2/3が表示されます。
「フィールドの区切り文字を指定してください。」では、タブにチェックが入っていることを確認します。次へをクリックします。
文字列を数値に変える
区切り位置指定ウィザード3/3が表示されます。
区切った後の列のデータ形式を聞いてきますので、 [G/標準] にチェックが入っていることを確認します。数値にする場合は、これで完了ボタンをクリックします。
文字列を数値に変える
数値が文字列に変換されました。
この方法は、データが1列に配置されている時に最適です。
文字列を数値に変える

形式を選択して貼り付けの乗算を使う

空いてるセルに1と入力しておき、コピーします。
文字列を数値に変える
文字列から数値に変換したいセル範囲を選択し、
文字列を数値に変える
右クリックメニューから、形式を選択して貼り付けをクリックします。
文字列を数値に変える または、ホームタブから貼り付けで、形式を選択して貼り付けをクリックします。文字列を数値に変える
形式を選択して貼り付けダイアログが表示されるので、乗算にチェックを入れ、 [OK] をクリックします。
文字列を数値に変える
選択したセルに1が掛けられて、文字列から数値になりました。
文字列を数値に変える
関数を使って文字列を数値に変換する方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ