INDEX関数とROW関数 2013技BEST55回

一定の行ごとに別シートのデータを抽出する

表から、2行ごと3行ごとなどのように、n行おきに間隔を開けて値を抽出したいとき、データが多いと困ってしまいます。
今回は、INDEX関数とROW関数を使って、一定の行ごとに別シートのデータを抽出する方法を紹介します。
INDEX関数とROW関数は、Excelの検索と行列関数です。
(サンプルファイルは、こちらから 2013基本技55回サンプルデータ

一定の行ごとに別シートのデータを抽出する

部門別の売上を日にちごとに合計したデータシートがあります。
4行ごとに合計があるので、合計だけ抽出したい場合を考えましょう。 4行ごとに抽出
INDEX関数の書式
INDEX関数の書式
別シートに日毎に抽出します。関数の挿入ボタンか、あるいは数式タブの検索/行列関数からINDEX関数を入力します。
INDEX関数
引数の選択ダイアログボックスが現れます。今回は範囲形式を使います。
4行ごとに抽出2
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関数の引数ダイアログボックスで、参照を指定します。
n行ごとに抽出
参照は、データシートの売上です。
n行ごとに抽出2
次の行番号にROW関数を使います。4行おきなので、ROW(A1)*4
今回は、1列だけの抽出なので、列番号を省略します。OKをクリックします。
n行ごとに抽出3
式をコピーする前に、絶対参照にします。
n行ごとに抽出4
4行ごとに売上データが抽出されました。
ROW関数が、4、8、12・・・と4行ごとのデータを抽出するように変化します。
n行ごとに抽出5

今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク