行を追加削除しても崩れない連番 Excel2013 技73回

行を追加削除してもくずれない連番を丸付き数字で振る

今回は、行を追加削除してもくずれない連番を丸付き数字で作成する方法を考えます。
https://kokodane.com/kan37.htmで、行を追加削除しても崩れない連番を振る方法をご紹介しました。
その応用編となります。先に御覧ください。

Excelバージョン:ALL2013201020072003~
(サンプルファイルは、こちらから 2013基本技73回サンプルデータ

 

行を追加しても崩れない連番

①のコードを調べましょう。A1セルに①と入力します。次にB1セルに、=CODE(A1)と入力すれば、①のコードを知ることができます。
①のコードは、11553でした。

そこで、ROW(A1)と、定数11552を足すと11553になるので、CHAR関数とROW関数を使って、A2セルに①が表示される式を作ります。
=CHAR(11552+ROW(A1))
くずれない連番の式を下までコピーします。
CHAR関数とROW関数を使ってくずれない連番を丸付き数字で作成出来ました。
CHAR関数は、面白いですね。
今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク