オートフィルタの連続番号 2013技BEST 75回

オートフィルタで抽出しても崩れない連番

オートフィルタで条件抽出した場合、通常の連番では、連番が崩れてしまいます。
抽出されて見えている行だけにきちんと連番を自動表示させるには、非表示を無視することができるSUBTOTAL関数を使います。

(サンプルファイルは、こちらから 2013基本技75回サンプルデータ

SUBTOTAL関数で非表示セルを除外する連番

下記の表では、支店を抽出して表示したところ、連番が崩れてしまっています。
SUBTOTAL関数で連番1
連番を表示したいセルを選択して、関数の挿入ボタンからSUBTOTALを入力します。
集計方法に103、参照はデータのある列を上から数えるように、最初のセルを絶対参照にし、$C$3:C3と入力します。
SUBTOTAL関数で連番2
数式は、=SUBTOTAL(103,$C$3:C3)と入力されました。
あとは、数式を下までコピーします。
SUBTOTAL関数で連番3
オートフィルタで抽出しても崩れない連番をふることができました。
SUBTOTAL関数で連番4
SUBTOTAL関数の集計方法を指定する数字は非表示の値も含める時は、1 ~ 11を指定し、非表示の値を無視する場合は、101 ~ 111 の数字で、小計の算出に使用する関数を指定します。
SUBTOTAL関数の集計方法
もっと知りたい!SUBTOTAL 関数
スポンサーリンク
スポンサーリンク