日付の桁を揃えたい 2013Excel技BEST 80回

日付の月を2桁で入力しても1桁になる

日付の桁がそろっていたほうが、見た目にはきれいです。
日付の桁が揃っていようがいまいが、気にしない方には、どうでもいいのですが、 上司が几帳面で日付は揃えて表示しなさいという場合もあります。
(サンプルファイルは、こちらから 2013基本技80回サンプルデータ

日付の桁を揃えるには

入力時には、2016/01/01と入力しても、表示されると2016/1/1となってしまいます。Excelではこれは普通です。
サンプルの表も入力時には、桁を揃えようときちんと入力していても、表示されると桁がバラバラになっています。
日付の桁を揃える方法1
桁を揃える一番簡単な方法は、セルの書式設定です。 日付の入力されたセル範囲を選択して、右クリックでセルの書式設定を選択。 セルの書式設定ダイアログが表示されたら、表示形式タブのユーザー定義をクリックします。
日付の桁を揃える方法2
ユーザー定義の中から、yyyy/m/dを選択します。 この表示形式をyyyy/mm/ddに書き換えてください。
日付の桁を揃える方法3
OKをクリックして、セルの書式設定ダイアログを閉じます。すると今までバラバラだった日付の桁数がきちんと揃います。
日付の桁を揃える方法4

TEXT関数で桁を揃える

セルの書式設定のユーザー定義と同じことが、TEXT関数を使ってもできます。今回は、隣のセルにTEXT関数の数式を入力して桁を揃えて表示するようにします。
日付の桁を揃える方法5
入力した数式は、=TEXT(B4,"yyyy/mm/dd")
日付の桁を揃える方法6

0の代わりに空白スペースで桁を揃える

0の代わりに空白スペースで日付の桁を揃えるには、SUBSTITUTE関数を使用します。
日付の桁を揃えるTEXT関数の数式をSUBSTITUTE関数でネスト(入れ子)にします。
=SUBSTITUTE(TEXT(B4,"yyyy/mm/dd"),"/0","/ ") 日付の桁を揃える方法7
空白スペースで日付の桁を揃えることができました。
日付の桁を揃える方法8
スポンサーリンク
スポンサーリンク