ハイパーリンクが切れた 2013Excel技BEST 83回

2013でハイパーリンクを絶対パスにする

Excelのブックに他のブックへのリンクを設定しておくと、必要なブックをすぐに参照できて便利です。
ところが、そのブックを違うフォルダに移動したりするとリンクが切れてしまいます。
別のドライブやまた同じドライブ内であっても、どこに移動してもハイパーリンクの設定が有効になるようにするには、設定を変更する必要があります。

ハイパーリンクの起点を設定する

ハイパーリンクが、ブックを移動したりしても崩れないようにするためには、絶対パスのリンクで設定するようにします。
それには、ハイパーリンクの起点を絶対パスになるように変更してやる必要があります。
ハイパーリンクの起点とは、ブックに挿入されているすべてのハイパーリンクに対して、 リンク先を示す時の文字列の先頭に付加されるパス(URL)です。どのバージョンのExcelでもハイパーリンクの起点を絶対パスにするように"\"と入力してやります。

Excel2013でハイパーリンクの起点を設定

 Excel 2013では、ファイルタブをクリックして、バックステービューを表示します。情報を選択し、右にあるプロバティ▼をクリックして、詳細プロパティを開きます。
ハイパーリンクを絶対パスにする方法1
プロパティが開いたら、ファイルの概要のタブをクリックし、ハイパーリンクの基点に半角で\を入れます。 以上で、今後ハイパーリンクを設定すると、絶対パスで設定されるようになります。
ハイパーリンクを絶対パスにする方法2
では、実際に設定してハイパーリンクのアドレスがどのように記載されているのかを見てみましょう。 (2013マクロ講座53回で解説) A2セルは、ハイパーリンクの起点設定後に作成したリンクです。 A4セルは通常のリンク(起点設定前にいつものようにハイパーリンクを作成しておいたリンク)です。
A2セル:ハイパーリンクの起点設定後に作成したハイパーリンクは、ハイパーリンクの起点をドライブの先頭にしたので絶対パスになっています。 A4セsルは、相対パスです。(同じフォルダ内なので、ファイル名だけの表示です。)
ハイパーリンクを絶対パスにする方法3
このブックは、別のドライブ(たとえばCドライブ)のどこに移動したり、コピーしたりしても記載されたハイパーリンクの起点設定後に作成したリンクを開くことができます。

Excel2010でハイパーリンクを絶対パスにする

Excel2010でハイパーリンクを絶対パスにするには、 Excel2013と同様でハイパーリンクの起点を設定します。ハイパーリンクの起点を設定するには、ファイルタブをクリックし、情報を表示します。 ハイパーリンクを絶対パスにする方法4
右端にあるプロパティから詳細設定プロパティを表示します。
ハイパーリンクを絶対パスにする方法5
ファイルの概要のタブをクリックし、ハイパーリンクの基点に半角で\を入れます。
ハイパーリンクを絶対パスにする方法6

Excel2007でハイパーリンクを絶対パスにする

Excel2007でハイパーリンクを絶対パスにするのもハイパーリンクの起点を設定すれば良いのですが、そのためのファイルのプロパティがわかりづらい位置にあります。まず、Officeボタンをクリックします。そして配布準備という項目をクリックして、プロパティをクリックします。
ハイパーリンクを絶対パスにする方法7
次に、リボンの下に表示されたドキュメントのプロパティの▼をクリックして詳細プロパティを表示します。
ハイパーリンクを絶対パスにする方法8
ファイルの概要タブをクリックして、ハイパーリンクの基点の欄に半角で¥を入力します。
ハイパーリンクを絶対パスにする方法8
スポンサーリンク
スポンサーリンク