指定した集計方法でセル範囲の数値を集計

SUBTOTAL関数 数学と三角関数

SUBTOTAL 関数は集計方法で指定した方法で範囲の値を集計できる関数です。
合計を求めたい時は、9、データの個数なら3といった具合です。
Excelバージョン:ALL20132010200720032002 2000

SUBTOTAL関数

また、小計のセルにSUBTOTAL関数を使うと、合計を出したいセルでは、 小計を除外した合計を求めることができます。

SUBTOTAL関数の書式 数学と三角関数

書式SUBTOTAL(集計方法,範囲 1,[範囲 2],...)

SUBTOTAL関数の書式

SUBTOTAL関数の使い方

SUBTOTAL関数を使う時は、必ず集計方法を指定します。非表示の値も含める時は、1 ~ 11を指定し、非表示の値を無視する場合は、101 ~ 111 の数字で、小計の算出に使用する関数を指定します。
SUBTOTAL関数の使い方
次のような売上個数を記載した表で小計と合計をSUBTOTAL関数で計算してみましょう。
小計を出したいC7セルに=SUBTOTAL(9,C3:C6)と入力します。
SUBTOTAL関数の使い方2
同様に、C12セルに=SUBTOTAL(9,C8:C11)と入力します。
入力します。
SUBTOTAL関数の使い方3
最後に合計を出したいセルにもSUBTOTAL関数を使った数式を入力しましょう。
=SUBTOTAL(9,C3:C12)と入力します。
SUBTOTAL関数の使い方4
このように小計のセルにSUBTOTAL関数を使うと、合計を出したいセルでは、 小計を除外した合計を求めることができます。
SUBTOTAL関数の使い方4
もっと知りたい!SUBTOTAL 関数
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ