指定範囲の左端を検索し、ー致したセルを含む行を調べる

VLOOKUP関数 検索/行列関数

VLOOKUP 関数は、配列の左端列で特定の値を検索し、対応するセルの値を返します。 ExceIで表を作成するとき、一番左側の行はコード番号や項目名などの見出し的なものが入ることが多いです。
これを検索して、指定した値を持つ行の指定した列の値を返すのがVLOOKUP関数です。
Excelバージョン:ALL20132010200720032002 2000

VLOOKUP関数


VLOOKUP関数の書式 検索/行列関数

書式VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索の型])

VLOOKUP関数の書式

VLOOKUP関数の使い方

猫の缶詰をまとめ買いした時に1個あたりいくらになるかという表があります。

VLOOKUP関数の使い方2
A3セルに個数を入力した時に、1個がいくらになるかを取り出します。
VLOOKUP関数は、関数ライブラリの検索/行列グループからVLOOKUPを選択するか、 関数の挿入ボタンをクリックして、検索/行列グループからVLOOKUP関数を選択してください。
VLOOKUP関数の使い方3
関数の引数ダイアログが現れたら、引数を指定していきます。
検索値は、A3セルです。
VLOOKUP関数の使い方4
範囲は、検索したい表の範囲C3:D6を指定し、列番号は、単価が2番めの列なので2と指定します。
検索の型は省略かTRUEでは、一致する値がない場合は最大値が表示されます。

VLOOKUP関数の使い方5
式は以下のように入力されました。
=VLOOKUP(A3,C3:D6,2,TRUE)
VLOOKUP関数の使い方6
もっと知りたい!VLOOKUP 関数
スポンサーリンク
スポンサーリンク