カラーリファレンスで関数の引数修正

リンクユニット


2013EXCEL関数技BEST 9回

関数の引数修正:カラーリファレンスを使う場合

数式バーをクリックすると、数式中のセル参照に色がついて、対応するセルやセル範囲の色が同色の枠で囲まれます。この枠をカラーリファレンスといいます。

このカラーリファレンスをドラッグすると、セル参照を変更することができます。
まず、セルをクリック、次に数式バーをクリックします。
カラーリファレンスが表示されます。

枠にカーソルを合わせて、ドラッグします。

ドラッグすると、カラーリファレンスも移動します。
同時に数式中の引数も修正されました。


関数の引数ダイアログボックスを表示して引数を修正する

関数の入力されたセルをクリックして、次に、関数の挿入ボタンをクリックします。
関数の引数ダイアログボックスが表示されます。
ダイアログ縮小ボタンをクリックし
引数に指定するセル範囲をドラッグして、ダイアログ拡大ボタンをクリックします。

関数の引数ダイアログボックスに戻ったらOKボタンをクリックします。
引数の変更ができました。