Excel 2013 関数技 10回 

数式をコピーするときセル参照が変化しないようにするには

Excelで数式をコピーする時に、コピー元とコピー先にの位置関係を保ったまま、セル参照が自動的に変化します。
この自動的に変化するセル参照を「相対参照」といいます。
一方、コピー時に参照セルを変更させたくない場合もあります。
英語では、Absolute reference 絶対にそこ見ろ!って感じですね。
「絶対参照」といいます。
(サンプルファイルは、こちらから 2013関数技10回サンプルデータ

変化させたくないセル参照に$をつける絶対参照

1箱に12個入れるチョコレートのギフトで、10箱注文があるときに必要なチョコレートの数は、
=A3*B3 です。 

式をそのままオートフィルでコピーすると、相対参照になります。
相対参照の式になり、何もないところを参照しています。

相対参照の式を絶対参照に修正する

1箱に12個という数は絶対に変化しないので、A3を変化しない印$をつけてからコピーします。

F4キーを1回押すと、「A3」の行番号と列番号の前に$の印がついて
「$A$3」になりました。これをオートフィルでフィルハンドルをドラッグして他のセルにコピーすればOKです。
得する!
フィルハンドルをドラッグする代わりに+をダブルクリックすると、隣接する列のデータと同じ数だけ数式がコピーできます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

絶対参照と複合参照の切り替え

セル参照の行と列のいずれか一方の先頭に$をつける形式を複合参照と呼びます。F4キーを1回押すごとに、数式中のA3が、「$A$3」「A$3」「A$3」「A3」と変化します。



絶対参照と複合参照のローテーション

F4キーを押すたびに、対象の参照形式が変わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク