値がマイナスなら0と表示 関数技BEST 44回

マイナスの値を0(ゼロ)と表示したい時

負の数値は、標準ではマイナス記号と数字とがくっついて表示されますが、負の数値を表面上は0(ゼロ)と表示した方が良い時もあります。

関数を使う方法と、ユーザー定義書式を使う方法の2つがあります。
(サンプルファイルは、こちらから 関数技44回サンプルデータ

負の値を0(ゼロ)と表示する関数と書式

Excelには、日付や数値、文字列の表記をカスタマイズする「ユーザー定義書式」の機能が用意されていますのでまずそれを使います。

「ユーザー定義書式」では、書式記号を使って、正の数値・負の数値・「0」・文字列、それぞれに対して書式を細かく書式設定ができます。

書式設定でマイナスを0と表示

1)マイナスの数値が入ったセルを選択します。
メニュー『書式』-『セル』をクリックするか、右クリックメニューからセルの書式設定を表示します。
または、ショートカットキーで、Ctrlキー + 1 キーと入力するとセルの書式設定ダイアログボックスが開きます。
負の値を0(ゼロ)と表示1
セルの書式設定で選択します。
『表示形式』タブをクリック(2)『セルの書式設定』ダイアログ-をクリック。
(3)『分類』欄-「ユーザー定義」をクリック
負の値を0(ゼロ)と表示2
(4)『種類』欄に「#;!0;0」と入力します。
(5)『OK』ボタンをクリック
マイナスの数値がOと表示されました。
負の値を0(ゼロ)と表示3
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイナスの値を0(ゼロ)と表示したい時に関数を使う方法

表の中に空欄もある場合
IF関数とISBLANK関数で対応できます。
(隣のセルにOと表示します。)

この式の場合は、空欄の場合はそのまま空欄で、マイナスの場合は0、それ以外はA1の数値をそのまま表示します。
=IF(ISBLANK(A1),"",IF(A1<0,0,A1))
負の値は、0(ゼロ)と表示され空欄はそのまま空欄です。
負の値を0(ゼロ)と表示4
表の中に空欄がない場合
MAX関数で簡単に対応できます。
負の値を0(ゼロ)と表示5
負の値は、0(ゼロ)と表示され、正の値はそのまま表示されます。
ただし、空欄も0と表示されてしまうので、空欄のない表の場合に使うと良いでしょう。
負の値を0(ゼロ)と表示6
今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク