すぐに役立つ3行マクロ講座 18回

重複データを非表示するマクロ

Excel 2013 基本技44回 重複データを非表示にする」で重複データを非表示する方法を紹介しましたが、非表示するだけで、重複データを削除したわけではありません。今回は、マクロの記録によって、重複データを非表示にしてから、別シートに結果のコピーを貼り付けるまでのマクロを作成します。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ18回サンプルデータ

マクロの記録でフィルタオプションの設定を

まず表全体を範囲選択してから、マクロの記録を開始します。
マクロの記録
マクロの名前をつけ、保存先を個人用マクロブックにします。
個人用マクロブック
Excel 2013 基本技44回 重複データを非表示にするの手順でデータタブをクリックして、並べ替えとフィルタグループにある、詳細設定をクリックします。
フィルタオプションの設定ダイアログボックスが表示されたら、重複するレコードは無視するにチェックを入れてOKをクリックします。
重複するレコードは無視する
重複が非表示になった表をコピーして
重複データが非表示に
シートを追加して、貼り付けます。
新規シートに貼り付け
貼り付けたら、マクロの記録は終了します。
マクロの記録終了
では、次に出来上がったコードを見てみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ