すぐに役立つ3行マクロ

3行マクロ講座 24回 WEBサイトのコピーを書式なしで貼り付ける

ウェブサイトで仕事に使うのに、ちょうどいいデータなどを見つけてエクセルで利用したい時があります。
しかしそのまま貼り付けるとウェブサイトの書式がそのまま貼り付けられて、楽するつもりが逆に、処理に手間取ることも多いです。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ24回サンプルデータ

WEBサイトのコピーを書式なしで貼り付けるマクロ作り方

WEBデータを書式なしで貼り付けるマクロは、マクロの記録で簡単につくれます。
最初にウェブサイトの文字列コピーしておき、マクロの記録を開始します。
あ
マクロに名前をつけ、保存先を決めますが、個人用マクロブックがおすすめです。
個人用マクロブック
貼り付けボタンから形式を選択して貼り付けをクリックして、テキストを選びます。
テキストで貼付け
OKボタンをクリックすると、ウェブサイトの文字列が書式なしでExcelのシートに貼り付けられます。
記録終了ボタンをクリックします。
VBEを開いてマクロを見てみましょう。
VBE
コードの内容は、
Sub 書式なしコピー()
    ActiveSheet.PasteSpecial Format:="テキスト", Link:=False, DisplayAsIcon:= _
        False
End Sub

VBEコード
このままで、もちろんOKですが、わざわざリンク貼り付けはオフにとか、アコンで表示はオフでとFalseの指定はなくてもOKなので、削除します。
1行マクロ
コードは、

Sub 書式なしコピー()
    ActiveSheet.PasteSpecial Format:="テキスト"
End Sub

たった1行のマクロですが、あると便利です。
今日の講義は以上です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ