3行マクロ講座 14回 すぐに役立つ3行マクロ

請求書などの入力欄だけクリアするマクロ

請求書のひな形を作り、繰り返し使っている場合は、以前の入力内容を消去するのが、意外とめんどうなものです。
マクロを使って、入力欄に記入された内容だけを消去するマクロをつくってみましょう
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ14回サンプルデータ

ポイントは、範囲を選択すること、内容を消去すること

もちろん、マクロの記録でササッと作ってもいいですよ。
以下の請求書で、消去すべきセルは、A3、A6:D9セルです。

セルの指定は、2箇所で
A3セルは、Range("A3")
A6:D9の範囲は、Range("A6:D9") で表すことができます。

削除する ClearContents

消去は、ClearContents メソッドを使います。
これを、対象.動作構文に入れるだけです。



Sub 請求書入力欄をクリア()
    Range("A3").ClearContents
    Range("A6:D9").ClearContents
End Sub
    

どれだけ範囲が増えても、
Range("○○").ClearContents
の1行を追加すればいいだけです。
マクロを実行すると、このように入力欄が消去されます。


今日の講義は以上です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ