同じ条件のセルを選択 すぐに役立つ3行マクロ講座 

数式や文字を残し数値だけを消去したい

実務の場面の集計表を繰り返して使用する時、数式や文字を残し数値だけを消去したりするのが、結構面倒くさいものです。
その場合、ジャンプ機能を使用すると数値のセルだけ選択することができ、誤って文字や数式を消すこともなく、数値だけを削除できます。
さらにこれをマクロにしておけば、もっと便利です。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ11回サンプルデータ

数式や文字を残し数値だけを消去するマクロ

マクロの記録でカンタンに作成できます。
表をひらいて、マクロの開始ボタンを押します。

マクロの記録ダイアログボックスが表示されたら、マクロ名を入力して、
保存先を決めます。
汎用的なマクロは、個人用マクロブックに保存した方が便利です。
ホームタブの、編集グループにある、検索と選択ボタンをクリックして、
メニューから、ジャンプをクリックします。

ジャンプダイアログが開いたら、セル選択をクリックします。

すると、選択オプションダイアログが開きます。
ここで、1.定数を選びます。
次に、2.数値のみチェックします。
OKをクリックします。

これで、表のスチセルだけが選択されました。
キーボードから、Deleteをクリックして、消去します。

数値の入力されたセルだけが消去できました。

マクロの記録を終了します。
さて、コードを見てみましょう。
コードです。 コードには、キーボードショートカットキーを設定しました。
Sub 数値のみ削除()
    Selection.SpecialCells(xlCellTypeConstants, 1).Select ' 定数のあるセルを選択
    Selection.ClearContents
End Sub
    
上記のマクロの記録で作成したコードは、無駄な部分がないので、そのまま使用します。
SpecialCellsメソッドが使われています。 特定の条件に該当するセルをまとめて抽出したい場合は、このように、 SpecialCells メソッドを使用します。
引数Typeに指定したSpecialCells(xlCellTypeConstants) により、定数のあるセルが選択できました。
引数Typeには、他に以下の定数があります。
xlCellTypeAllFormatConditions 表示形式が設定されているセル
xlCellTypeAllValidation条件の設定が含まれているセル
xlCellTypeBlanks空の文字列
xlCellTypeCommentsコメントが含まれているセル
xlCellTypeConstants定数が含まれているセル
xlCellTypeFormulas数式が含まれているセル
xlCellTypeLastCell使われたセル範囲内の最後のセル
xlCellTypeSameFormatConditions同じ表示形式が設定されているセル
xlCellTypeSameValidation同じ条件の設定が含まれているセル
xlCellTypeVisible すべての可視セル
今日の講義は以上です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ