すぐに役立つ3行マクロ

名前をつけて保存にセルの文字列を入力するマクロ

新規の表を作成したりすると、必ず、「名前を付けて保存」をするわけですが、
このとき、画面のファイル名のところに、
たとえば、A1セルの文字が自動表示されれば、保存が楽だと思う人は結構多いのではないでしょうか。

(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ3回サンプルデータ

名前をつけて保存にセルの文字列を入力するマクロ

そこで、今回は「名前をつけて保存にセルの文字列を入力するマクロ」を作成してみましょう。
この操作をマクロの自動記録でやったことがある方は、すでにご存知だと思いますが、保存画面を開く操作自体は記録されません。
なぜかというと、
マクロの自動記録は、操作の『結果』を記録するものなので、「保存画面を開く」という途中の操作は記録されないのす。

保存画面を開く命令は、自分で『入力する』必要があるのです。

Application.Dialogs(種類).Show 


A1セルをファイル名にするマクロを実行すると、

(1)マクロを使って各種設定画面を開くには、
Application.Dialogs(種類).Show」という命令を書きます。

「種類」には設定画面の名称を指定します。
ここでは、保存画面を開きたいので、
xlDialogSaveAs」を使います。

(2)さらに「A1セルの文字列を『ファイル名』欄に表示する」という引数を
Arg1」として加えます。
(3)選択セルの文字列をSheet名にするマクロコード。
    Sub A1セルをファイル名にするマクロ()
    
      Application.Dialogs(xlDialogSaveAs).Show Arg1:=Range("A1").Value
   
    End Sub    
    
(4)前号から紹介しているような、エクセルの標準機能のように、どのファイルでも自由に使いたいマクロは「個人用マクロブック」に保存するのが、良いのです。
サンプルを入手したり、直接メルマガからコピーしたりした場合は、「個人用マクロブック」に保存し直すことにしましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ