3行マクロ講座 13回 すぐに役立つ3行マクロ講座

1月から12月までと日~土まで入力するマクロ

オートフィルをVBAで実行するには、Autofillメソッドを使います。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ13回サンプルデータ

オートフィルをマクロにしよう

例えば、1月~12月までを入力するのも、セルに1月、2月、と入力して、フィルハンドルをドラッグすればデータが入ってくれます。

この操作をマクロコードにしましょう。
マクロの記録で実際に記録してみたい場合は、こちらの解説を参考にしてください。
1月~12月までをオートフィルで
Sub オートフィル()
' 1月から12月までオートフィル
    Range("A1") = "1月"
    Range("A2") = "2月"
    Range("A1:A2").AutoFill Destination:=Range("A1:A12")
End Sub
    
シンプルなコードですから、いろいろ応用ができますよ。

今度は、日曜から月曜までをオートフィルで入力する場合です。

日曜から月曜までをオートフィルで入力する場合をマクロコードにすれば、
Sub オートフィル2()
' 日から土までオートフィル
    Range("B2") = "日"
    Range("B2").AutoFill Destination:=Range("B2:H2")
End Sub
   
ついでに、太字にするなら、Font.Bold で指定します。
Sub オートフィル4()
' 日から土までオートフィル&太字
'
    Range("B2") = "日"
    Range("B2").AutoFill Destination:=Range("B2:H2")
    Range("B2:H2").Font.Bold = True
End Sub
    

AutoFillメソッド

書式
オブジェクト.AutoFill セル範囲, 種類


オブジェクトには、オートフィルの基準となるセルを指定します。
オートフィルの基準となるセル~Excelが判断するためのセルを必ず含める必要があるということです。
オートフィルの種類一覧です。種類を省略するとデフォルトが適用されます。


今日の講義は以上です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ