毎回 PERSONAL.XLSB が起動してうるさいとき

PERSONAL.XLSBを非表示にする

リンクユニット


3行マクロ 9回

毎回 PERSONAL.XLSB が起動してうるさいとき

個人用マクロブックを使うようになると、このファイルは、エクセルの起動と同時に背後で自動的に開かれます。
ですが、通常は非表示の状態になっていて、Excelの終了時に保存するかどうかを確認してきます。
だから、個人用マクロブックに保存したマクロは、いつでも利用できる状態になるのです。

表示させるには、ウインドウメニューから再表示を選択し、表示されるダイアログボックスでPERSONAL.XLSBを選択すれば表示させることができます。 そのまま保存したのでは、PERSONAL.XLSのウィンドウが見えてしまい、
じゃまに感じることが多いと思います。

こっそり起動してもいいから、ひっそりと隠れていてもらうように、
PERSONAL.XLSのウィンドウを非表示にしましょう。

個人用マクロブックを表示する 

表示タブのウィンドウメニューから再表示を選択します。
するとウィンドウの再表示ダイアログボックスが表示されるので、PERSONAL.XLSBを選びます。
PERSONAL.XLSBが表示されました。

PERSONAL.XLSB(個人用マクロブック)を非表示にする 

今度は、PERSONAL.XLSBを非表示にしてみましょう。PERSONAL.XLSBの表示タブのウィンドウメニューから表示しないを選択します。
作業中のウィンドウであるPERSONAL.XLSBが非表示になります。
Excelを終了させるときに「変更を保存しますか」と 聞いてくるので、「はい」をクリックします。
以上で、次回からエクセルを起動しても、PERSONAL.XLSBのウィンドウは非表示なります。
次回は10回 表の行と列を入れ替えるです。
(今回は講義だけで、ダウンロードサンプルはありません。)

おすすめコンテンツ