すぐに役立つ3行マクロ36回

印刷ダイアログボックスを表示するには

今回は、印刷する前に、印刷プレビューや印刷ダイアログボックスを表示させると、必要な設定をし忘れたり、うっかり部数を間違えたりというようなミスがなくなり便利です。今回は、印刷プレビューや印刷ダイアログボックスを表示させるマクロを作ります。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ36回サンプルデータ

印刷プレビューを表示するマクロ

はじめに、印刷プレビューを表示させるマクロの紹介です。
印刷プレビューを表示させるにはPrintPreviewメソッドを使います。 印刷設定を変更してほしくない場合の印刷プレビューです。
Sub 印刷プレビュー()
    Worksheets("Sheet1").PrintPreview EnableChanges:=False
End Sub
PrintPreviewでは、アクティブシートしかプレビューされません。
EnableChanges:=Falseとすることで、プレビュー画面で、印刷設定のボタンが使用不可になります。
印刷プレビューを表示するマクロ
印刷設定ができるようにしておく場合は、
Sub 印刷プレビュー2()
    Worksheets("Sheet1").PrintPreview EnableChanges:=True
End Sub
印刷プレビューを表示するマクロ2
印刷設定ボタンをクリックすると、ページ設定ダイアログボックスが表示されます。
あ
「印刷プレビュー」というマクロボタンを作っておくと便利です。

印刷ダイアログボックスを表示させるマクロ

印刷ダイアログボックスを表示するには、Application.Dialogsプロパティを使います。
Sub 印刷ダイアログ()
    Application.Dialogs(xlDialogPrint).Show Arg4:=2
End Sub
印刷ダイアログボックスを表示させるマクロ
Arg4:=2は、部数を2部という初期設定にする引数の使い方です。
Sub 印刷ダイアログ2()
    Application.Dialogs(xlDialogPrint).Show Arg4:=2, Arg2:=1, Arg3:=2
End Sub
では、開始ページと終了ページを指定しています。
プリンタを指定したい場合は、Arg13:="Brother MFC-675CD Printer"のようにプリンタ名を""で囲ってください。
印刷ダイアログボックスを表示させるマクロ2
引数には、以下のようにたくさんの種類があります。
印刷ダイアログボックスを表示させるマクロ3

今日の講義は以上です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ