すぐに役立つ3行マクロ 3行マクロ講座 22回

ユーザー名なしのコメントを入れるマクロ

Excelのコメント機能は、セルに付箋のようなメモをつける機能です。通常は、コメントをつける時に入力したユーザー名が自動で挿入されます。このユーザー名が邪魔なときもありますね。ユーザー名はDeletキーで消せますが、いちいちめんどうです。そこで今回は、ユーザー名なしのコメントをつけられるマクロを作成しましょう。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ22回サンプルデータ

ユーザー名なしのコメントを入れるマクロ

通常はコメントをつけると、ユーザー名が自動で挿入されます。
いちいちユーザー名を削除するのはめんどうなので、最初からユーザー名なしのコメントを挿入できるマクロをつくります。 コメント
では、適当なセルを選択してマクロの記録を開始しましょう。
名前をつけて、保存先は、個人用マクロブックにします。
ユーザー名なしのコメントを作る2
そして、右クリックのメニューからコメントの挿入を選びます。
コメントの挿入
コメントが入りました。マクロの記録を終了します。
コメントを挿入2
では、マクロを見てみましょう。命令が3行記入されています。
Range("B3").AddComment
B3セルにコメントを挿入という意味です。
AddComment
次の行は、
Range("B3").Comment.Visible = False
B3セルのコメントを非表示という意味です。

Range("B3").Comment.Text Text:="nekogenki:" & Chr(10) & ""
B3セルのコメントにユーザー名を入力するという意味です。
では、コードを以下のように変更します。
Range("B3")をActivecellに
ユーザー名を入力するという命令は不要なので、削除します。
ActiveCell
そうそう、セルのコメントを非表示から表示のTRUEにしておきましょう。

Sub ユーザー名なしのコメントを作る()
    ActiveCell.AddComment
    ActiveCell.Comment.Visible = True
End Sub
マクロを実行してみましょう。
ユーザー名なしのコメントを作るマクロ
ユーザー名なしのカラのコメントができます。すぐに入力できるので便利です。
空のコメント

今日の講義は以上です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ