アルファベットのオートフィルができたらいいのに~すぐに役立つ3行マクロ

アルファベットを連続入力するマクロ

みなさん、アルファベットの入力はどうしてますか?
アルファベットをAからZまで、連続データとして入力したいとき、オートフィルはできません。 そこで普通は、ユーザー設定リストに登録しておくのですが、今回は、アルファベットを連続入力するマクロを紹介します。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ48回サンプルデータ

ASCIIコードでアルファベット入力

アルファベットのオートフィルができたらいいのに、という人のための簡単なマクロです。ASCIIコードを利用しましょう。

アルファベットの連続入力
ASCIIコード(10進数)の65から90までが、アルファベットの大文字です。
ASCIIコードを取得するには、CODE関数を使います。
アルファベットの連続入力2
セルの指定方法にはRangeプロパティを使用する方法とCellsプロパティを使用する方法の2通りありますが、今回は、Cellsプロパティを使います。
そこで、アルファベット26文字を文字数という変数で使います。
Sub アルファベット連続入力()
    Dim 文字数 As Integer
    For 文字数 = 2 To 27
        Cells(文字数, 2).Value = Chr(文字数 + 63)
    Next 文字数
End Sub
    
実行すると、B2セルからアルファベットが入力されます。
A2セルから入力したい時は、Cells(文字数, 1)とします。
Sub アルファベット連続入力()
    Dim 文字数 As Integer
    For 文字数 = 2 To 27
        Cells(文字数, 1).Value = Chr(文字数 + 63)
    Next 文字数
End Sub
For~Next でループして入力したので、コードが3行を超えてしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ