ユーザー定義関数を作る 3行マクロ 55回

セルの色を取得するユーザー定義関数

セルの色をカラーインデックス番号で取得したい時があります。 マクロを利用すると、ワークシート上で動作するユーザー定義関数というオリジナルの関数を作ることができるので、 セルの色を取得するユーザー定義関数を作成しましょう。

セルの色を取得するユーザー関数マクロ1
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ55回サンプルデータ

セルの背景色を取得するユーザー定義関数

セルの色は、セルの情報を管理しているInteriorオブジェクトで取得します。 Rangeオブジェクトの「Interior」プロパティを使ってInteriorオブジェクトを取得します。
コードはつぎのように入力します。
Function セルの色(セル)
     セルの色 = セル.Interior.ColorIndex
End Function    
ユーザー定義関数を入力したら、シートに戻り、B2セルに
=セルの色(A1)と入力すれば、ColorIndexを返してくれます。
セルの色を取得するユーザー関数マクロ2
ユーザーの定義関数の構文は、本来データ型を指定するので、
以下のようにユーザー定義関数にデータ型を記入した方がほんとうは良いのですが、書かなくても動きます。
Function セルの色(セル As Range) As Integer
     セルの色 = セル.Interior.ColorIndex
End Function    
    
Functionプロシージャの構文です。
NAMAマクロ6

フォントの色を取得するユーザー定義関数

フォントの色ならば、
Function フォントの色(セル)
     フォントの色 = セル.Font.ColorIndex
End Function
    
というようにします。 色を知りたいけど、わざわざマクロを書くほどじゃないと言う場合には、イミディエイトウィンドウにこのように書きます。 Enterキーを押すと、3が返されます。
?Range("A1").Interior.ColorIndex
セルの色を取得するユーザー関数マクロ3
スポンサーリンク
スポンサーリンク