ウィンドウ枠を固定 3行マクロ 62回

1行目を常に表示する

エクセルで作業する時に、先頭行の項目が見えなくなると、非常に作業がしづらいです。 項目の書かれている1行目を常に表示したいという時って結構あります。 そこで今回は、FreezePanesプロパティを利用して、Excelのウィンドウ枠を固定しましょう。

(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ62回サンプルデータ

エクセルで表の見出し行を固定する

以下のような長い表では、列見出しが入力されている先頭行(1行目)が見えないので、 作業がとてもしづらいです。 先頭行や特定の行を固定したい時には、Window.FreezePanesプロパティを使います。 True の場合、ウィンドウ枠を固定します。Falseで固定解除します。
先頭行を固定マクロ1
先頭行を固定するには、2行目を選択して、ActiveWindow.FreezePanes = Trueを実行します。 コードは、
Sub 先頭行を固定する()
  Rows(2).Select
  ActiveWindow.FreezePanes = True
End Sub
実行すると、この場合は、アクティブセルの上が固定されます。
先頭行を固定マクロ2
シートの1行目に表タイトルがある場合などは、Rows(3).Selectにします。
Sub 先頭行を固定する()
  Rows(2).Select
  ActiveWindow.FreezePanes = True
End Sub

先頭行を固定マクロ3

ウィンドウの固定を解除する

行を固定したら、解除するマクロも必要になります。
Sub 固定を解除する()
  ActiveWindow.FreezePanes = False
End Sub
ボタンに登録すると使いやすいです。
先頭行を固定マクロ4

列見出しを固定

列を固定したい時は、Culumns(3).Selectのように列を指定すると 左側が固定されます。
Sub 列固定()
  Columns(3).Select
  ActiveWindow.FreezePanes = True
End Sub

先頭行を固定マクロ5
スポンサーリンク
スポンサーリンク