すぐに役立つ3行マクロ 37回

1週間の曜日を入力するマクロ~3行マクロ講座

今回は、簡単に1週間の曜日を入力するマクロを紹介します。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ37回サンプルデータ

1週間の曜日を入力するマクロ

英語の曜日を入力するマクロです。A1:E7に入れます。
この場合は、Mon~Friまでの入力になります。
Sub 曜日入力マクロ()
    Range("A1:E7").Value = Array("Mon", _
    "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat", "Sun")
End Sub
曜日入力マクロ1
こんどは、A1:G7に入れます。Mon~Sunまでの入力になります。
Sub 曜日入力マクロ()
    Range("A1:G7").Value = Array("Mon", _
    "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat", "Sun")
End Sub
曜日入力マクロ2
曜日を1行だけ入れるなら、
Sub 曜日入力マクロ3()
    Range("A1:E1").Value = Array("Mon", _
    "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat", "Sun")
End Sub
曜日入力マクロ3
Sub 曜日入力マクロ3()
    Range("A1:G1").Value = Array("Mon", _
    "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat", "Sun")
End Sub

曜日入力マクロ4
こちらは日本語で曜日を入力するマクロです。
Sub 曜日入力マクロ2()
    Range("A1:G7").Value = Array("月", _
    "火", "水", "木", "金", "土", "日")
End Sub
曜日入力マクロ5
Array関数の構文
Array関数

曜日を1列に入れるマクロ

3行ではなくなりますが、曜日を1列に入れる場合は、配列変数「曜日」をバリアント型で宣言します。
Sub 曜日を列に入力()
    Dim 曜日 As Variant
    Dim i As Integer
    
    曜日 = Array("月", "火", "水", "木", "金", "土", "日")
    
    For i = 0 To 6
        Cells(i + 2, 2).Value = 曜日(i)
    Next
End Sub
曜日入力マクロ6
セルを特定するときは、RangeプロパティまたはCellsプロパティを使いますが、このケースでは、セルの位置を表すプロパティにCellsプロパティを利用しています。
Cellsプロパティの使い方は、「Cells(行番号,列番号)」というように番号で指定します。
そこで、[行番号]には行の番号としてi + 2、[列番号]には固定で2としています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ