すぐに役立つ3行マクロ

3行マクロ講座 18回 重複データを非表示するマクロ

Excel 2013 基本技44回 重複データを非表示にする」で重複データを非表示する方法を紹介しましたが、非表示するだけで、重複データを削除したわけではありません。今回は、マクロの記録によって、別シートに結果のコピーを貼り付けるまでのマクロを作成します。
(サンプルファイルは、こちらから 3行マクロ18回サンプルデータ

マクロの記録でフィルタオプションの設定

コードを見てみましょう
VBA
コードを見ると、マクロの記録で選択した範囲Range("B2:E26")を選択していますが、汎用的に使うために、Selectionに変更しましょう。
コード修正
範囲をSelectionに変更して、もう1回範囲を選択している重複コードを削除しました。
Selection
マクロのコードです。
 Sub 重複削除()
    Selection.AdvancedFilter Action:=xlFilterInPlace, Unique:=True
    Selection.Copy
    Sheets.Add After:=ActiveSheet
    ActiveSheet.Paste
End Sub
 
コードを修正していますので、使用する時は、予め表全体を選択しておいてから、マクロを実行してください。

今日の講義は以上です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ