エクセルの中級技3

ファイルを配布する前にExcelの個人情報を削除する

エクセルの個人情報とは、どこにあるのでしょう。

エクセルは、作成者や更新者、コメント挿入者などの個人情報を保存しています。
それはプロパティで見ることができます。




このように、ファイルのプロパティを見るといろいろな情報を見ることができます。
しかし、自宅で作ったファイルを会社で使うときなど、情報があっては困る場合が ありますね。
Excelのファイルを配布する時は、作成者や更新者などの個人情報をはじめ、個人が特定できるコメント、非表示シートなどを削除して共有するようにしましょう。
この情報は、下記の方法で削除することができます。

エクセルの個人情報を削除するには

1.「ツール(T)」メニューから「オプション(O)...をクリック。

2.「オプション」ダイアログの「セキュリティ」タブをクリックします。
3.一番下にある「プライバシーに関するオプション」の
「このファイルに保存された個人情報を削除する(R)」のチェックボックスにチェックを入れてます。
OKを押します。

そして、このブックを保存すると、プロパティに含まれる個人情報などが削除されます。
保存したのちプロパティを見てみると、情報が消えてますね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク