エクセルの中級技3

テキストの表データをエクセルにインポートする

テキスト形式で作成された表データをエクセルに読み込んで使いたいことがあります。
そのような時、短にコピー&ペーストしたのでは、表の体裁が崩れてしまいます。

表の体裁を保ったまま、インポートする方法を紹介します。

またこの方法だと、テキストデータを更新した際、簡単な操作でエクセルデータに更新を反映することができるので、大変便利です。

テキストファイルのデーターを使う

(1)このようなテキストファイルがあります。
このテキストをエクセルのセルにひとつずつデータを割りって、 エクセルの表にします。
(2)インポートしたい位置(サンプルではセルA1)をクリックします。
メニューバーの「データ(D)」から「外部データの取り込み(D)」の中の「データの取り込み(D)」を選択します。
すると次に、「データファイルの選択」ダイアログボックスが表示されます。
インポートするテキストファイルが保存されている場所に移動します。
「ファイルの種類(T)」の右側の矢印をクリックし、「テキストファイル」を選びます。
ファイルを選択して「開く」ボタンをクリックします。
(4)「テキストファイル ウィザード」の1/3が開きます。
「元データの形式」の中からテキストデータのファイル形式を選択します。

サンプルのように、さまざまな データ長のデータがカンマやタブで区切られているファイルは、「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ(D)」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

※それ以外の場合は、「スペースによって右また左に揃えられた固定長フィールドのデータ(W)」を選択します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今度は「テキストファイル ウィザード」の2/3が表示されます。

「区切り文字」で該当するものにチェック印をつけてください。
「データのプレビュー(P)」で区切り位置があっているかを確認しながら作業を進められます。
「次へ」ボタンをクリックします。ここで完了ボタンを押してもいいよ!
最後に、「テキストファイル ウィザード」3/3が表示されます。
「データのプレビュー(P)」でそれぞれの列の形式があっているかを確認し、「完了(F)」ボタンをクリックします。
(7)続いて「データの取り込み」ダイアログボックス表示されます。
「OK」ボタンをクリックします。
インポートできました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク