エクセルの中級技3

複数のデータを必要な時に貼り付ける

何度もコピー・ペースト
なんとかならないかな?

コピー&ペーストは、エクセルに限らず、もっとも頻繁に利用する機能ですが、
貼り付けたいデータが複数あるときは、数回前に利用したデータをまた利用したいということもあります。

そんな時、またひとつひとつコピーするのでは面倒です。
そこでコピーの手間が省ける技を紹介します。

複数のデータを必要な時に使うには

最初に種明かしをしましょう。
Officeのクリップボードを使います。

「な~んだ!知ってる、使ってる。」ほんとですか?


この技を使うには、あらかじめクリップボートを表示させておきます。

通常のコピー操作でクリップボードへデータをコピーし、24個までのデータを Officeが終了するまでキープします。

しかもテキストだけでなく、グラフや画像などもコピーしキープします。

この方法だと、いつでも必要なときに貼り付けられます。

さらには、あらかじめデータを全部コピーしておいて、ワンクリックで一気に、 全データを貼り付けることも可能です。

かなり効率的です。

もう気づいたと思いますが、この機能は、WordやPowerPointはもちろん、
対応するほかのアプリケーションへも適応します。

はじめに、クリップボードを表示させます。
メニューバーの「編集(E)」から「Officeクリップボード(B)」を選択します。
クリップボードが表示されました。
クリップボードにデータをコピーします。

コピーしたいデータは、いつもの方法でコピーします。
データの位置で右クリックして「コピー(C)」を選択、
もしくはショートカットでCtrl+Cを押します。
メニューのアイコンをクリックでもOKです。
すると、Officeクリップボードに先ほどのデータがコピーされました。
このように必要なデータを順にコピーします。
(4)貼り付け
貼り付けるときは、

1.貼り付けたい位置(この場合A1)をクリックしてから、
2.クリップボードのデータ(この場合3番目のデータ)をクリック
します。
データが貼り付けられました。
同様の手順で、クリップボードにコピーしたデータそれぞれを必要なときに
何回でも貼り付けができます。
(5)一度に全データを貼り付ける場合は、
「すべて貼り付け」ボタンをクリックします。

(6)クリップボードのデータを削除したい場合は、
削除したいデータにカーソルをあわせ、右側の矢印をクリックして
「削除(D)」を選択します。
右クリックメニューから「削除(D)」を選んでもOKです。

 
 全部消したいと言うときは、「すべてクリア」ボタンをクリックすると
 全データを削除できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク