エクセルの中級技3

オートフィルタで条件に一致するデータを抽出

特定の項目だけを自動的に表示するには、オートフィルタを使います。

オートフィルタを使えば たくさんのデータの中から必要なデータだけを楽々と抽出して表示させることができます。

オートフィルタとは

抽出条件に一致する行だけを表示する機能を[オートフィルタ]と呼びます。
東京都在住者だけを表示する、
試験に合格した人だけ抜き出す、
80点以上の人だけ表示するといった使い方ができます。
今回は、名簿を対象にオートフィルタオプションを使ってみます。

サンプルは名簿です。
(1) 表内の任意のセルをクリックします。
ここで表内のセルをクリックすると、
Excelが自動的に表の範囲を認識してくれます。
(2)メニューの[データ]→[フィルタ]→[オートフィルタ]を選択します。



表の見出しに▼が付きます。

(3)ここでは住所で抽出したいので、「住所」の▼をクリックします。
(オプション)をクリックします。
(4)すると、図のような、
オートフィルタオプションダイアログが表示されます。
このダイアログで抽出条件の指定をします。
[住所]欄に検索条件を入力します。
ここでは「東京都」としています。

隣の欄をクリックして[で始まる]を選択します
[OK]をクリックします。

東京都在住のデータだけが表示されます。

(5) 表を元の状態に戻すには、
メニューの[データ]→[フィルタ]→[オートフィルタ]を
もう一度選択してオートフィルタのチェクを外します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク