エクセルの中級技3

中身の異なるものだけ選択する

Excelで作業をしていると、中身の異なるセルだけ選択したいという場合が
ありませんか?
同窓会名簿で、出席と欠席を取っているときに、 出席以外のセルを選択したい場合などが考えられます。

そんな時は、前回紹介した[ジャンプ]機能を使うと特定のセルと比較して、
中身の異なるセルだけを選択することができます。
Excelバージョン:2013201020072003

中身の異なるセルだけを選択するには

(1)まず、対象とする範囲を 選択します。

表全体から空白セルを選択するなら表全体を、行や列から選ぶのなら、 行や列を選択します。
表の一部を対象とするなら、その範囲をドラッグしてください。
表全体を選択する場合は、任意のセルを選択した状態で「Ctrl」+「*」
今回は、列を選びます。
列を選択したまま、アクティブセルを、ジャンプで選択しないまで移動します。例では、Enterキーを1回押して、出席と記入された1つ下のセルを選びます。
(2)[編集]をクリックします。
(3)[ジャンプ]をクリックします。
ショートカットキー
Ctrl + G キーで [ジャンプ] ダイアログ ボックスを表示します。
F5 キーを押してもOK
(4)[セル選択]をクリックします。
(5)[アクティブ列との相違]をクリックしてチェックをONにします。
[OK]をクリックします。
ここでいう、[アクティブ列との相違]とは、選択したセルと中身の異なる セルを列方向に探すという意味です。

以上で、先ほど選択したセルの中身「出席」とは、異なるセルだけ選択することができます。
今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク