Excel2010マクロ編

操作していなくても記録されるオートフィル

マクロの記録で記録したオートフィルは、「連続データ 人力」という操作だけ実行したつもりでも、実際には「対象セル範囲の選択」も記録されています。 これは、操作とステートメントの対応が1対1ではなく、幾つかのステートメントが組み合わさり、操作が行われていることを意味しています。

また、記録した操作によっては、実際に操作した覚えがないのに、記録されていることもあります。
マクロの記録を始めたばかりの頃は、「おや?」と不思議に思うかもしれません。



また、画面をスクロールしたりなどの、ほんのちょっとした動作や、間違えて操作してやり直したりすると、その操作も記録されてしまいます。 不要な操作も、コードを修正すればいいので、気にせずに新たな発見と思って楽しみましょう。