列見出し行見出しを常に表示

 Excel2016

リンクユニット


エクセルの基本技8 Excel2016

ウインドゥの固定

画面に収まらないような大きな表を作る場合、見出しが見えなくなり、データの入力に困ることがあります。

列見出し行見出しを常に表示

画面に収まらない大きな表・・スクロールすると、見出しが見えない・・・さあ、困った!
1画面に収まらないような大きな表を作る場合、見出しが見えなくなると何を入力するのかわからなくなることも。
見出しまでスクロールして何のデータかを確認。
またまたスクロールしてデータを入力…なんて作業効率が悪いですよね。こんなときは、見出しを常に表示して入力の効率アップをはかりましょう。

見出し行と見出し列を表示

固定したい行のセルの下、そして固定したい列の右のセルをクリック。
この場合、見出し行(1行目)と、NO(A列)を常に表示させたいので、「B2」セルをクリックします。
リボンの表示タブにある「ウィンドウ」グループから「ウィンドウ枠の固定」を選択します。
上下、左右どちらにスクロールしても、行、列の見出しが常に表示されるようになります。
この場合、行の見出しは1行目、列の見出しはA列が固定表示されています。固定を解除するときは、「ウィンドウグループから」→「ウィンドウ枠固定の解除」を実行します。

見出し行=先頭行を固定する

先頭行を固定したいときは、
リボンの表示タブにある「ウィンドウ」グループから「先頭行の固定」を選択します。

先頭列の固定

先頭列を固定したいときは、「ウィンドウ」グループから「先頭列の固定」を選択します。

先頭行の複数行固定

先頭行を複数行固定したいときは、固定してたいセルの直下で、一番左端にあるA3セルを選択して、リボンの表示タブにある「ウィンドウ」グループから「ウィンドウ枠の固定」を選択します。
おすすめコンテンツ