エクセルでリンクの解除と設定をする~エクセルの基本技14

Excelシートにハイパーリンクを設定

ハイパーリンクとは、関連ファイルまたは Web ページにリンクを設定して、クリックするだけで特定のファイルを開いたり、 ホームページを開いたりして、直接参照できるようにすることです。
ExcelのシートでセルにURLを入力すると、自動的に青の文字色になり下線がつきます。
自動的にハイパーリンクが設定されるからです。ハイパーリンクが設定してあると、ファイル間の移動が楽で、資料が多いファイルなどでは、とても 便利な機能でもあるのですが、反面うっかりクリックすると勝手にインターネットに接続してしまうので、困ることもあります。
もしファイルをリンクする必要がないときは、ハイパーリンクの設定を削除しましょう。 このページでは最初にハイパーリンクの解除方法を、次にハイポーリンクの設定方法を紹介します。
Excelバージョン:ALL2013201020072003~

リンクの削除(解除)~Excel2007まで

Excelバージョン:200720032002
Excelに設定されたリンクを解除するときは、 ハイパーリンクが設定されているセルを選択して、右クリックします。表示されるメニューから「ハイパーリンク」→「ハイパーリンクの削除」を選択します。
ハイパーリンクの解除は1つづつ行います。まとめて解除するには、形式を選択して貼り付けで乗算にして1を掛けるか、マクロを使います。
(Excel2002~2007では、ハイパーリンクの解除は1つずつしかできません。 Excel2010以降複数のリンクの解除が可能になりました。)
Excelハイパーリンクの解除
ハイパーリンクの設定が削除され、普通の文字列として扱われるようになります。
Excelハイパーリンクの解除2

リンクの削除(解除)~Excel2010以降

Excelバージョン:20132010の場合の削除
右クリックからのハイパーリンクの削除は同じですが、まとめて削除ができます。
Excel2013Excel2010ハイパーリンクの解除

ハイパーリンクを解除できない時

ハイパーリンクが解除できない時は、他で使われているから解除できない可能性があります。そのリンクのあるセルを含んだ範囲などに名前が設定してある場合などです。
名前のチェックなどをしてみましょう。
メールアドレス入力時も、ハイパーリンクが設定されます。
セルにURLを入力し「Enter」キーで確定したあと、すぐに「Ctrl」キー+「Z」キーを入力。 Excelハイパーリンクの解除3
ハイパーリンクの設定は削除されます。
Excelハイパーリンクの解除4
ハイパーリンクを削除したURL(メールアドレス)に、リンクをもう一度設定したいときには
該当セルをクリックして、
「F2」キーを押してから「Enter」キーを押すと、ハイパーリンクが設定されます。

ハイパーリンクの設定

クリックするとWEBページが開くようにするには?
上記とは、逆に、 入力した文字にハイパーリンクを設定し、クリックするとWEBページが開くようにしたい場合もあります。
まず、リンクを設定したいセルの上で右クリック します。表示されたメニューからハイパーリンクを選択します。
ハイパーリンクの設定
スポンサーリンク
スポンサーリンク
すると、ハイパーリンクの挿入ダイアログが開きます
対応したWEBページを選択し、OKをクリックします。ただしこれはIEの場合、それ以外は、アドレス欄に直接リンクのURLを入力します。
ハイパーリンクの設定2
ハイパーリンクの設定3
リンクが設定されました。
クリックすると、WEBページがブラウズソフトで開きます。

応用として、文字ばかりでなく、画像にハイパーリンクを作成することもできます。 あるいは、エクセルの他のブックや、他のファイルなどもリンクを作成して開くことができます。
もっと知りたい!Excelのハイパーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ