エクセルよく使うコマンドをアイコンを表示させる

よく使うコマンドをリボンに追加

リボンにボタンを追加 Excel2016

リンクユニット


Excel2016,2013中級技11回

以前のバージョンのコマンドが見つからない

エクセルでよく使っていたコマンドアイコンが見つからないなどという経験は誰でもあるでしょう。 やっと見つかったものの深い階層にあったり、ダイアログを開いて操作しなければならなかったりと、使い勝手が悪いと感じるときには、自分専用のグループを作成して表示させることができます。
Excelバージョン:Excel201620132010

よく使うコマンドをリボンに表示する

(1)リボンにコマンドを追加するなどのリボンの操作は、リボンのユーザー設定でカスタマイズすることで行えます。リボンのどこでもよいので、何もないところで右クリックします。
(2)すると、リボンのメニューが表示されます。リボンのユーザー設定をクリックします。
Excelのオプションにあるリボンのユーザー設定が開きます。 今回は、ホームタブに自分用の新しいグループを作成して、その中にコマンドを追加することにします。
もちろん新しいタブを作成してその中に自分専用のコマンドをまとめることも可能です。
ただ、ふだん一番よく表示しているタブの中に自分用の新しいグループを作成した方が使い勝手が良いと考えました。
(3)ホームタブに自分用の新しいグループが追加表示されます。このグループの名前を名前の変更ボタンをクリックして変更します。
(4)名前を変更してから、使いたいコマンドを左側のコマンドの選択から追加してやります。
(5)ぜひ自分に必要なコマンドをリボンに追加してカスタマイズして使ってください。

ショートカットキー豆知識

現在の選択範囲からグラフを作成するためのショートカットキー
F11 または Alt + F1
シート内のすべてのオブジェクトを選択するためのショートカットキー
Ctrl + Shift + Space
データ範囲の下端まで選択するためのショートカットキー
Ctrl + Shift +
コメントを含むセルをすべて選択するためのショートカットキー
Ctrl + Shift + O