ワードアートのダサくない使い方 影付き文字

ワードアートで袋文字と影付き文字

作った表にワードアートを使って目立つタイトルを入れてみましょう。
ただし、強調しすぎるとダサいタイトルになるので、強調はほどほどに。
袋文字のタイトルと影付きのタイトルの2種類を紹介します。

袋文字のタイトルを作る~続きから

袋文字のタイトルを作るので、ワードアートをコピーして3つにします。
それぞれの書式を設定します。一番下に来る外枠の部分は、濃い色で、線の太さも一番太く11pにしています。
2番めの白い部分です。線の太さは8pにしています。
3番めの一番上に来る文字の部分です。
3つのワードアートを重ねると、このようになります。バラバラにならないようにグループ化します。

グループするには、対象をオブジェクトの選択という矢印で、外側からドラッグして囲みます。
右クリックしてグループ化を選択します。これで完成。

影付きタイトルを作る

ワードアートの文字列をコピーして2つにします。
下側に来る文字列は影になる部分なので、グレーに。
上側に来る文字列は表との兼ね合いで濃い青にしました。
この2つのワードアートも重ねて選択しグループ化します。
グループ化すると、移動してもバラバラになりません。
全く同じ影付きタイトルで、影になる方の透明度を45%にしてあります。
文字の部分はグレー。
スポンサーリンク
スポンサーリンク