商品や項目ごとの小計を出したい

小計機能をつかう Excel2016
Excel2016小計機能をつかう

リンクユニット


Excel2016,2013技BEST 27回

項目ごとの小計を出したい時に便利な技

売上表などを作った時に、あとから商品ごとの小計を出したい時があります。
そんな場合に、便利なEXCEL小計機能の解説です。
(サンプルファイルは、こちらから 中級技27回サンプルデータ

項目ごとの小計を出したい時に便利な技

左のような売上表を商品ごとに小計を出します。
(1)同じグループの商品はまとめておく必要があります。サンプルのように商品がバラバラに入力されている場合は、商品ごとに並び替えます。
(2)表の中のどれか適当なセルを選択した状態で、リボンのデータから「並び替え」を選択します。

(3)範囲全体を選択していないと、範囲の選択を拡張するように勧められます。

(4)最優先されるキーに「商品」を選び、「OK」ボタンをクリックします。
(5)これで表は商品名ごとに並び替えられました。
 次にまた表の適当なセルを選択した状態で、リボンの「データ」タブにあるアウトライングループから「集計」を選択します。
(6)「集計の設定」ダイアログが表示されるので、グループの基準、集計の方法、集計するフィールドを決めていきます。
サンプルでは、商品名ごとに売上金額の小計を出すことにします。
以上で小計付きの表が作成されました。
(7)行番号の左横に表示されている+や-のマークは、商品名ごとにグループ化されているという印です。
(8)-をクリックすると表示が+に変わり、小計部分だけが表示されるようになります。

元の表に戻す

(9) 元の表に戻すには、もう一度、 「データ」→「集計」を選択し、「集計の設定」画面を表示します。
「集計の設定」画面で「すべて削除」ボタンをクリックします。
もとの表に戻りました。
おすすめコンテンツ