売上集計にVLOOKUP関数で表引きの技 エクセルの中級技33-1

コードから商品や単価探すのは大変だ~VLOOKUP関数

売上表や見積書の作成時に、商品コードから商品名や単価を自動入力できるVLOOKUP関数について詳しく説明します。
売上集計表で商品コードを入力すると商品名と単価を自動表示してくれると、仕事が非常にはかどります。今回はその式を作成します。
(サンプルファイルは、こちらから 中級技33回サンプルデータ

表引きにはVLOOKUP関数をどうぞ

(1)VLOOKUP関数を使う準備として以下のような商品コードと商品名、単価からなる商品マスター(商品リスト)を作成します。

VLOOKUP関数は縦に検索、データは昇順に

商品マスター作成のポイント

1.商品コードをキーに昇順に並べ替えておく必要があります。
2.VLOOKUP関数で参照しやすいように商品マスターには名前をつける。

並べ替えの手順
1. 商品マスター内のセル(図では「B15」セル)をクリックし、「データ」→「並べ替え」を選択します。

2. 「並べ替え」画面が表示されますので、「商品コード」をキーに昇順に並べ替えるように設定します。
商品マスターはVLOOKUP関数で参照しますので、わかりやすいように名前を付けておきましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

VLOOKUP関数で参照する商品マスターに名前をつけておく

商品マスターに名前をつけるには、
1. 「挿入」→「名前」→「定義」を選択します。
2. 「名前の定義」画面で、名前と参照範囲を設定します。
範囲は、絶対参照で、直接入力してもOKです。
参照範囲をシートから選択するときは、赤枠のダイアログ縮小ボタンを押します。
範囲をドラックして選択してください。
範囲が選択できました。
名前を「商品マスター」とつけました。

「OK」ボタンをクリックします。

商品コードから商品名や単価を自動入力の続きへ⇒
スポンサーリンク
スポンサーリンク