和暦の日付を西暦に 2013関数技 24回-2

平成、昭和などの和暦の日付を西暦に変換する

今度は、和暦で受け取ったデータを西暦に変換したい場合のケースを紹介します。
もし渡された誕生日データが、昭和35年とか平成7年とかで書かれていたら、慌てないでください。
そのデータが文字列として入力されているのか、それとも日付(シリアル値)で入力されていて、前頁のように表示形式で和暦になっているのかを確認しましょう。

(サンプルファイルは、こちらから 2013関数技24回サンプルデータ
Excelバージョン:ALL2013201020072003~

和暦から西暦1|日付のシリアル値として入力されている

表示形式を西暦表示に変更しましょう。
パッと見ただけでも、もしシリアル値で入力されていたら、右よりになっているので、実際はシリアル値です。(配置がデフォルトの場合)

セル範囲を選択して、セルの書式設定を表示させましょう。
セルの書式設定ダイアログが表示されたら、
ユーザー定義になっています。

[$-411]ggge"年"m"月"d"日" です。
これを単に日付に変更します。

セルの書式設定から和暦
西暦表示の形式もいろいろあるので、使い分けてください。
和暦から西暦
西暦で表示
スポンサーリンク
スポンサーリンク

和暦から西暦2|文字列として入力されている場合

図のように和暦が文字列として表示されている場合は、DATEVALUE関数を使って文字列からシリアル値に変換することができます。

和暦が文字列
DATEVALUE関数は、日付(文字列)をシリアル値に変換する関数です。
DATEVALUE関数でシリアル値に変換
E列に文字列から日付のシリアルを表示してみましょう。
=DATEVALUE(C3) 式を入力したら、フィルハンドルをダブルクリック。
DATEVALUE関数の式をコピー
式が下までコピーされます
文字列の和暦からシリアル値に
セルの書式設定の、ユーザー設定で、西暦を指定してやると、下図のように西暦表示になります。
和暦から西暦で表示
和暦から西暦で表示2
文字列の和暦もDATEVALUE関数でシリアル値に変換することで西暦に変換して表示することができました。 今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク