CLEAN関数

セル内改行を削除できる~制御文字を削除するCLEAN関数

エクセルで表を見やすくするために、文字列をセル内で改行する時は、 Alt + Enterキーを押すとその位置で改行できます。
ただ、問題はその改行を後から削除するときでしょう。大量の改行を含むセルから手動で改行だけ削除するなんて、考えただけでゾッとします。 そんな時に便利関数がCLEAN関数です。
CLEAN関数は、他のソフトからインポートしたデータに含まれる 印刷できない制御文字を削除する関数です。
CLEAN 関数は、7 ビットの ASCII コードの先頭 32 文字 (値 0 ~ 31) の印刷できない文字を文字列から削除するためのものでした。
あまり他のソフトからデータをインポートする機会のないユーザーは使ったことがないかもしれません。 でも、CLEAN関数を知らないととても困るケースがあります。
それは今回紹介する、セル内改行が不要になった時です。
CLEAN関数を利用すると、セル内改行も削除できます。

(サンプルファイルは、こちらから 2013関数技39回サンプルデータ

CLEAN関数でセル内改行を削除する

Alt + Enterキーでセル内改行ができるのは、便利なのですが、 あとで改行がいらないからと言われると困ってしまいますね。
入力と同様に、改行コードを消去するのはとても面倒だからです。
セル内改行削除
この改行についても、CLEAN関数で削除することができます。
改行削除CLEAN関数入力
例では、セル内の改行は1つですが、複数改行があっても大丈夫です。
改行削除
式は、オートフィルでコピーして使いましょう。
改行削除オートフィル
スポンサーリンク
スポンサーリンク