Excel2013使い方基本操作

Excel 2013 Officeにサインイン

Excelを起動し、ファイルタブをクリックしてバックステージをイラクと、アカウントという項目があります。
このアカウントは、office.comにサインインするためのアカウントです。
わざわざOffice 2013 にサインインすることで、ユーザーはどんなメリットがあるのでしょう。
それは、オンラインでファイルを保存することで、どこからでもファイルにアクセスすることができ、誰とでもファイルを共有することができることです。
また、Office 2013のテーマや設定にどこからでもアクセスでき、他のデバイスを利用していても、必要なファイルがいつも手元にあることになります。

Microsoftアカウントを取得するとサインインして、マイクロソフトが提供する情報や機能を利用することができるようになります。
インターネットへ接続している必要があります。

アカウントを新規作成

すでにマイクロソフトアカウントがある場合は、そのアカウントを利用できます。
ここでは、新規にアカウントを作成する場合の例です。

この後、セキリティの設定用の質問を決めたり、生年月日などを入力し、表示中の英字を入力して登録します。
登録が終って、サインインすると、アカウントに自分の名前とメールアドレスが表示されています。
Officeの背景や、テーマの変更ができるようになっています。またSkyDriveには接続済みになっています。
背景を変えてみます。どれもイマイチな・・・
テーマの色を変えてみます。淡い灰色にしました。それほど大きな変化はありませんね。
SkyDriveへは、左側のメニュー「開く」からアクセスできるようになります。
サインアウトは、再び「ファイル」タブをクリックしてバックステージを開きます。
メニューから「アカウント」を選択し、「サインアウト」と小さく書かれた文字をクリックします。
サインアウトすると、Skydrive内のドキュメントやブックと同期しなくなるので、注意が表示されます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク