Excel2013使い方基本操作

Excel 2013 ブック構成の保護とは


ブック構成の保護とは、どんな時に利用するものでしょうか。 この機能では、ファイルの追加や削除、シートの移動などを制限することができます。
ワークシートが間違って削除されないように保護したり、非表示で隠しておきたいワークシートを表示させないようにすることもできます。

ブック構成の保護

保護したいブックを開いたら、「ファイル」タブをクリックしてバックステージビューを表示します。
「情報」タブをクリックして、ブックの保護をから、ブック構成の保護を選択します。
シート構成とウィンドウの保護ダイアログが表示されます。
保護対象にチェックを入れ、OKをクリック。
パスワードを設定することもできるので、隠しシートが有る場合などは、設定すると良いでしょう。
パスワードを設定した場合は、確認ダイアログが表示されます。
情報タブを見れば、ブックの保護で、シートの移動、削除、追加ができない旨が表示されています。

ブック構成の保護を解除する

ブック構成の保護を解除するには、
「ファイル」タブをクリックしてバックステージビューを表示します。
「情報」タブをクリックして、ブックの保護をから、ブック構成の保護を選択します。
パスワードを設定していない場合は、これでブック構成の保護が解除されます。
もし、パスワードを設定していた場合は、ブック保護の解除ダイアログで、 パスワードの入力が求められます。
パスワードを入力してOKをクリックします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ