PDFからExcel変換 2013Excel基本操作 20-2回

PDFからExcelファイルを作る

Excelの資料を受け取ったけれど、それがPDFだったというような場合に、PDFをExcelに変換したりとかデータをExcelにコピーしたいというようなことがあります。 今回は、PDFからExcelファイルを作るケースと、PDFのデータををExcelにコピーするケースを紹介します。

PDFからExcelに変換して編集

PDFからExcelに変換する手順は、次のようにします。
1.Adobe PDFからExcelに変換したいファイルを開きます。
2.「ファイル」タブをクリックし、名前を付けて保存選択します。
3.つづいてスプレッドシートをクリックし、Microsft Excelブックをクリックします。
PDFをExcelファイルに変換
すると、「名前を付けて保存」ダイアログボックスが開きます。
PDFをExcelファイルに変換2
1.保存する場所を確認します。
2.ファイル名を確認します。必要があれば変更しましょう。
3.ファイルの種類を確認します。Excel ブックになっているか。
4.保存をクリックします。
これがPDFになっていたものをExcelに変換したファイルです。
PDFをExcelファイルに変換3
PDFからExcelに変換したファイルを元のExcelブックと並べて確認しました。 数式は消えているますが、データや書式は保存されています。
PDFをExcelファイルに変換4

PDFからExcelにデータをコピーする

今度は変換するのではなく、PDFのデータをExcelにコピーします。
メニューから選択ツールをクリックして、データを取り出したい部分を選択します。
PDFのデータをExcelに変換1
選択範囲の上で右クリックして書式設定を維持してコピーを選択します。
PDFのデータをExcelに変換2
Excel上で、貼り付けます。 PDFから書式が維持されてExcelにコピーすることができました。
PDFのデータをExcelに変換3
スポンサーリンク
スポンサーリンク