Excel2013使い方基本操作

Excel 2013 シート操作

Excel 2013 のシート操作に若干の変更と改良がありましたので、紹介します。

シート見出しを表示するかしないかを選ぶ

Excel 2013 のシート見出しの表示・非表示の設定は、ファイルのタブより、オプションを選択して、 「Excelのオプション」ダイアログボックの左側のメニューから「詳細設定」を選択します。
これにより、ブックの見出しがすべて非表示になります。
シート見出しを表示したければ、「シート見出しを表示する」にチェックを入れます。
シートの表示を個別に設定したい時は、 シートの表示と非表示を設定する を参考にしてください。

デフォルトのシート枚数を変更する

Excel 2013 では、新規ブックを開いた時のシートの枚数がデフォルトで1枚になりました。
デフォルトの「ブックのシート数」は、ユーザーが変更できます。
「Excelのオプション」ダイアログボックの左側のメニューから「基本設定」を選択します。
新しいブックの作成時にある「ブックのシート数」で変更することができます。

シートを追加するには

シートを追加するには、下部にある「新しいシート」ボタンをクリックします。

シート見出しを表示するには

先頭のシートを表示するには、左の▼ボタンを Ctrlキーを押しながら、 ▼ボタンの左クリック で先頭のシートにスクロールします。
最後のシートを表示するには、右の▼ボタンを Ctrlキーを押しながら、 ▼ボタンの左クリック で最後のシートにスクロールします。
すべてのシートを表示するには、スクロールボタンを右クリックすると、シートの選択 ダイアログが表示されます。

シート選択の移動

シートの枚数が多いとシート選択がしづらいですが、Excel 2013 では、選択移動のボタンが表示されています。
例では、Sheet1が見えませんが、左側の「・・・」をクリックすると、見えてない左側のシートを選択します。
同様に、右側の「・・・」をクリックすると、見えてない右側のシートを選択します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ