エクセル・ExcelIF 関数の使い方~論理関数

IF関数の基本を覚えよう!
IF関数

リンクユニット


IF 関数 論理関数

IF関数の使い方~論理関数

Excel の IF 関数 は ビジネスで使う関数の中でも非常に役に立つ数の一つです。 if 関数は条件によって処理を分けるので、コツさえ覚えればとても役立ちます。

IF 関数はその中になんと64個もの IF 関数を使うことができます。 これを IF 関数の入れ子と言いますがあまり使いすぎると 頭が パンクしそうになります。 ご使用にはくれぐれもご注意を!
「もし、条件を満たせば、~する。そうでない時は~する。」というような、条件によって真の場合と儀の場合に分けて、セルに表示する内容を変更します。

Excelバージョン:All20192016201320102007

IF 関数 条件を判断する

設定された論理式が真であれば[真の場合]の値を返し、偽であれば[偽の場合]の値を返します。

IF 関数の書式 論理関数

書式IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)
IF 関数の書式

IF 関数 使い方

従業員の売上金額によって、報奨金のランク分けをすることになりました。

IF 関数 使い方
論理式には、B3の値が300以上と入力し、真ならばAランク、
儀の場合にIF関数を入れ子にして、B3の値が250以上と入力し、真ならばBランク、儀ならばCとしました。
IF 関数 使い方2
式は、
=IF(B3>=300,"A",IF(B3>=250,"B","C"))
と入力して、ダブルクリックで下までコピーしています。
IF 関数 使い方3

こちらもおすすめ