エクセルの中級技38 複数シートのデータ集計

串刺し演算でシートを追加する

串刺し演算(3-D 参照)を使うと、複数のシートにあるデータの合計を、1 つのシートにまとめることができるので便利なことがわかりました。
今回は、集計の対象となるシートを追加した場合について考えましょう。 例のように支店別の集計表が複数あり、「総売上」シートというまとめシートに総合計を出力している場合に、支店が増えた時のケースです。
串刺し演算は、Excel 2002,2003,2007,2010,2013 共通です。
(サンプルファイルは、こちらから 中級技38回サンプルデータ

合計の対象シートを追加したら 3D集計串刺し演算

串刺し演算しているブックに、集計対象のシートを追加した時に、数式を修正しなければいけないのがめんどうというケースです。
すでに式があるとはいえ、それを1つずつ修正するのは、非常に手間ですし、ミスが起こらないとも限りません。

まとめシートの式は、このような式になっていました。
=SUM(東京:大阪!H4) つまり、 東京から大阪シートのH4を合計する。 串刺し演算の式

対象シートを追加するには 

式を変更せずに、集計対象のシートを追加する場合は、東京から大阪シートの間に追加すれば良いのです。 間にあるシートは、串刺し演算ですべて集計対象になります。
でも、追加の新シートが前からあるシートの前に来るのは都合が悪いこともあります。 例では、雛形のシートをSTARTという名前にして、空のシートをまとめシートの前に作りENDとしました。 シートの名前は、式を作るための仮の名前ですから、変更してください。
そして「START」シートと、「END」シートの間に新規で福岡支店のシートを追加しました。

各シートはすべて同じ形式で作成されていますが、東京と大阪の間ではないので式は修正する必要があります。
まとめシートである、「総売上結果」シートの数式を修正します。
元の式は、=SUM(東京:大阪!H4)です。
東京というシート名をSTARTに置換。
続けて大阪というシート名をENDに置換します。数式の置換ですが、普通に置換して大丈夫です。大阪の場合は、きちんとオプションを設定して置換したところです。(この方がより安心です。)
数式は、=SUM(START:END!H4)のようにすべて変更されました。
追加したシートも自動的に集計の対象になります。

集計のための空のダミーシートは非表示に

空のダミーシートが目障りなら、非表示にしてください。
しかし新規シートを追加する際には、必ず式に設定したシートとシートの間に来るようにしてください。

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク