マクロ講座1回-1 マクロ講座 (Ver.Excel2003)

マクロって何?怖くないから触ってみよう!

マクロはVBAを使って作成したプログラムのことです。では、VBAとは何かと言えば、正式にはMicrosoft Visual Basic for Applicationsと言いOffice製品でマクロを開発するために使うプログラミング言語のことです。
(サンプルファイルは、こちらから マクロ講座1回サンプルデータ

マクロ (コンピュータ用語)とは

エクセルでデータを修正するときに、何度も同じ操作を繰り返さないといけなかったり、毎日、あるいは毎週毎月、やることが決まっているのに、そのたびに同じ操作を、やらなければならない時があります。

決まりきった操作を、マクロを使って自動化しようということです。

Excelをはじめ、Microsoftの主要なアプリケーションには、共通マクロ言語としてVisual Basic for Applications(VBA)を利用して書かれています。

ということは、Excelでマクロを学べば、他のアプリケーションにも、
応用がきくということです。

こらからは、マクロを使って少しでも仕事を早く楽にしましょう。

マクロの記録をやってみる

最初は「セルの背景色の変更」ということをやってみましょう。

(1)エクセルを起動し、A1のセルに何でも良いので文字を文字を入力します。

入力セルを選択してください。(A1を選択)
(2)メニューバーの[ツール]-[マクロ]-[新しいマクロの記録]を選びます。 
(3)「マクロの記録」の画面が出ますが、今回は名前をつけず、
そのままで[OK]をクリックしてください。
(4)ツールバーから「塗りつぶしの色」を選びます。
色が設定されてない時は、どれか色を選択してください。
セルの背景色が黄色に変わりました。
(5)メニューバーの[ツール]-[マクロ]-[記録終了]を選びます。

(6)以上で、セルの背景を特定の色に変更するマクロができました。

それでは、次に今作ったマクロを実際にためしてみましょう。
マクロ講座1回-その2 作成したマクロを実行してみる
スポンサーリンク
スポンサーリンク