基礎からのやさしいピボットテーブル1回 エクセル中級技best

基礎からのやさしいピボットテーブル

ピボットテーブルの基礎編
ピボットテーブルの基礎編

リンクユニット


基礎からのやさしいピボットテーブル1回

ピボットテーブルの準備

ピボットテーブル を作るにはまずデータの準備をする必要があります。 このデータはもちろん、エクセルの表で 作成するわけですけれどもその表を作る時にルールが あるのです。


Excelバージョン:Excel20192016201320102007
(サンプルファイルは、こちらから ピボットテーブル1回サンプルデータ

ピボットテーブルのデータ元

1.表の周囲が空白セルで囲まれている こと。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回1

2.表の先頭行は必ず見出し行であること。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回2

3.表の中に空白行があってはいけません。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回3

4.1行に1件のデータだけ入力します。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回4

5.表記の揺れがある場合は、統一しておく必要があります。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回5

これは、意味は同じでも、全角と半角が混ざって表記されていたりするデータは、まったく別物として認識されてしますので、統一しておかないと正しく集計できません。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回6

元データをテーブルに

表記の揺れを簡単に訂正するには元データをテーブルに変換します。ショートカットCtrlTからもテーブル作成ダイアログを呼び出せます。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回7

ピボットテーブル作成というダイアログが表示されます。
データの範囲を確認し、先頭行を見だしに使用するにチェックを入れて、OKクリックします。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回8

行見出しのフィルターボタンをクリックすると、カンタンに表記の揺れ(ダブり)などを見つけることができます。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回9

検索と置換を利用して、商品名などを統一します。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回10

ピボットテーブルを作成

では表記の揺れもなくなったところでこれからピボットテーブルの作成を開始します。 元の表のどこでもいいので一箇所セルを選択しアクティブにしておきます。そして挿入タブをクリックして、 ピボットテーブルのボタン(一番左側の先頭、テーブルというグループの中にあります)をクリックします。サンプルでは、新規ワークシートで 作成したいと思います


基礎からのやさしいピボットテーブル1回11

すると元のデータとピボットテーブルの作成場所指定するようにダイアログが表示されますので、テーブルの範囲を確認し、OKをクリックします。既存のワークシート あるいは新規のワークシート選べます。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回12

空のピボットテーブルが作成される

新規シートに空のピボットテーブルが作成されました。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回13

空のピボットテーブルにデータを追加するには、ピボットテーブルのフィールドリストからフィールドを下側の行や列に移動します。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回14

得意先名というフィールドを行ラベルのエリアに移動すると、空のピボットテーブルにデータが追加されます。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回15

今度は、金額と数量をΣ値に入れてみます。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回16

得意先ごとの数量、金額が表示されました。


基礎からのやさしいピボットテーブル1回17