Excel 2013の挿入タブに追加された機能

Excel 2007から、タブとリボンでExcelを操作するようになりました。
それぞれのバージョンごとにリボンの内容が若干違います。
とはいえ、基本的な操作ほぼ同じです。
Excel2013では、挿入タブに「おすすめのグラフ」「おすすめのピボットテーブル」というボタンが追加されています。
ここでは、

の説明をしていきます。

おすすめグラフとは

Excel 2013では、「おすすめグラフ」の「グラフの挿入」から簡単な操作でグラフを作成することができます。

挿入タブ以外には、大きな変更はありません。
挿入タブをクリックすると、Excel2010にはなかった、「おすすめグラフ」「おすすめピボットテーブル」に気が付きます。
おすすめグラフ

「おすすめグラフ」は、推奨グラフの一覧表示

「おすすめグラフ」は、元のデータから作成できるグラフの一覧を表示してくれる機能です。
たとえば、平均気温のデータがあったとします。元データーの範囲にあるセルを選択してから、お勧めグラフをクリックすると、
おすすめグラフ2
グラフの挿入ダイアログボックスが表示されます。
データーの内容に合わせて、おすすめグラフタブには、おすすめグラフの一覧が表示されます。気に入ったグラフを見つけてOKをクリックすれば、グラフの完成です。
おすすめグラフ3
すべてのグラフタブで、すべてのグラフを確認することもできます。

「おすすめピボットテーブル」は、作成できるピボットテーブルの一覧を表示

次は、「おすすめピボットテーブル」
こちらも、元データーから作成できるピボットテーブルの一覧を表示します。

まず、ピボットテーブル利用したい元データ範囲内にあるセルを選択します。
次に、「おすすめピボットテーブル」ボタンをクリックします。
おすすめピボットテーブル
すると、「おすすめピボットテーブル」ダイアログボックスが表示されます。
左側には、「おすすめピボットテーブル」の一覧が表示され、右側には、選択したピボットテーブルのイメージが拡大表示されます。
OKをクリックすると、ピボットテーブルが新規シートで作成されます。
おすすめピボットテーブル2
スポンサーリンク
スポンサーリンク