割り算の商を求めるにはQUOTIENT関数 数学と三角関数関数

QUOTIENT関数で割り算

QUOTIENT関数は割り算の商の部分だけを求めます。QUOTIENT関数を使うと、割り算の計算だけでなく、とこでご紹介するデータのように支 払回数から年数を求めたりする場合に利用するとともできます。
Excelバージョン:ALL20132010200720032002 2000

QUOTIENT関数


QUOTIENT関数の書式 数学と三角関数関数

書式QUOTIENT(分子,分母)

QUOTIENT関数の書式

QUOTIENT関数の使い方

割り算の商を求めるにはQUOTIENT関数は、何かを配布したり分ける時に、何個ずつになるのかを求めるような場合に利用できます。 以下の例は20束の花束をつくるのに、花がそれぞれ何本入れられるかを求めます。
QUOTIENT関数の使い方
C3セルにQUOTIENT関数の数式を入力します。
=QUOTIENT(B3,$D$1)
どの花を何本ずつ花束に入れればいいのか求めることができました。
QUOTIENT関数の使い方2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ