RAND関数 数学と三角関数

RAND関数 ランダムな値を返す

RAND関数は、0 以上 1 未満の実数の乱数を発生させることができます。引数は不要です。
ここでは、RAND関数の書式や使い方、乱数を100までの整数にする方法、乱数の範囲を限定して生成する方法などを解説します。
Excelバージョン:ALL20132000

RAND関数は、0から1の間で乱数を作る


RAND関数の書式 数学と三角関数

書式RAND()

RAND関数の書式

RAND関数の使い方

RAND関数を使うには、直接入力するか、関数ライブラリの数学/三角ボタンからを選択します。
RAND関数の使い方
関数の引数ダイアログが表示されたら、引数は不要なので、OKをクリックします。
RAND関数の使い方2
数式を必要なだけコピーして0 以上 1 未満の実数の乱数の完成です。

RAND関数の使い方3

乱数を100までの整数に

発生した乱数を100までの整数にするには
INT関数の入れ子にRAND関数を使います。
=INT(RAND()*100)
RAND関数の使い方4

範囲を限定して乱数を発生させる

たとえば、a と b の範囲で乱数を発生させたいというように、範囲を限定して乱数を発生させるには、
RAND()*(b-a)+a
RAND関数の使い方5
さらに整数で表示するには、INT関数を使うとかんたんに表示できます。 また、セルの書式設定を使っても整数部分だけを表示できます。
=INT(RAND()*(8-2)+2)
RAND関数の使い方6
RAND関数の使用例です。
RAND関数の使い方6
スポンサーリンク
スポンサーリンク